FC2ブログ

美舌ブログ②~sakae発信~

東海エリアのグルメを中心に紹介 since january.1,2006 錦3でcafeをやっています

01<< 12345678910111213141516171819202122232425262728 >>03

このブログは

「美舌ブログ~sakae発信~」の続編です。2016年4月以前の記事は、旧ブログをご覧ください。(右下リンクからとべます)

↑FC2で何位にランキングしているか分かります↑

レストラン・飲食店ランキング
にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ
にほんブログ村

プロフィール

sakae

Author:sakae
Instagram始めました☆
美舌とは、食いしん坊、楽しん坊という造語です。
自分の趣味嗜好を覚書として書いています。…書いているうちに飲食関係者になってました。昼から飲めるカフェをやっています♪

お燗とvinめし くいぜ

1(quize).jpg
「くいぜに行ってきたぜ!」(←やっぱ言いたいw)

「お燗とvinめし くいぜ」
店名に冠しているように、日本酒はとにかく燗酒押し!!のお店でございます。日本酒に拘るお店は数あれど、燗酒に特化したお店は名古屋では珍しい。和食に限らず、洋食だって、デザートにだって燗酒を合わせちゃうんだから♪

それ以外にも拘りは随所に見られます。ワインはビオ、調味料は無添加、店主が美味しいと思うお料理を提供してくださる居酒屋さんです。昔、「榎本よしひろ商店」があった跡、って言ったら大体どんな店内か想像がつくかしら?


店主さん…なんだかんだで古くからの知り合いよね(!?)
その舌の確かさには定評がありますもの。
皆様、こぞって通われております♪


2(quize).jpg
お酒は店主にお任せしました。日置桜の強力から。


3(quize).jpg
鰯の生姜煮。砂糖、味醂不使用。


6(quize).jpg
茄子味噌


4(quize).jpg

5(quize).jpg
日置桜と辨天娘。


8(quize).jpg
鶏バター


7(quize).jpg
山陰東郷福羅で〆。


sp(mal).jpg
sp2(mal).jpg
実はこの日、ある記念日のお祝いで、「マルコンソール」で特別オーダーのクリームシチューを食べていたのでした。
だから「くいぜ」であまり食べられなくて…。また次回のお楽しみといたしましょう。

「くいぜ」さん。開店おめでとうございました。
ごちそうさまでした~。

スポンサーサイト



TAOTAO ランチ編

1(taotao).jpg
御器所にある「TAOTAO」(タオタオ)でランチをしました。この場所に昔も中華料理屋さんがあったな~、なんて思いながら素通りすること早数年。ついに訪問することにしたのですが、これがまたびっくり。美味しいんだもん♪

ランチセットの中では特に担担麺が特に人気みたい。
黒胡麻と白胡麻を選ぶことができました。まずは黒胡麻を選びました。


6(taotao).jpg

5(taotao).jpg
ちょっと平らでねじれた麺に、どろ~っとした黒胡麻がよく絡んでいます。
特に指定しませんでしたが、さほど辛くなく、野菜の甘味と酸味を感じます。飴色になるまで炒められた玉ねぎが特徴的で、効いてました♪食べやすくて飲みやすくて、これはこれで結構好きな味でした。


3(taotao).jpg

2(taotao).jpg

4(taotao).jpg
サラダと日替わりの小鉢(この日は白身魚フライ)、デザート(この日は杏仁豆腐)付き。


10(taotao).jpg
白胡麻も気になったので、また別の日に再訪問。


7(taotao).jpg
クリーミーで美味しかったけど、黒胡麻の方が全体のバランスが好みでした。

8(taotao).jpg
モヤシの炒めもの

9(taotao).jpg
フルーツゼリー


とりあえず2種類制覇できて満足。
黒板を見たら魅力的なメニューが並んでいました。う~ん、夜に来ても楽しそう!!中華好きなお友達を誘って行ってみよう。

カフェも行かなきゃ~

1(bac)_201702191614519ae.jpg
新栄の「ビストロ バッカス」
1月に伺った分です。嬉しいニュースを聞きました。
尾頭橋に「ビストロバッカス」プロデュース、カフェがオープン!!すでにしています♪その名も「尾頭橋カフェー」。大正ロマンの風情なんだとか。落ち着きすぎて居座っちゃいそうですね。


2(bac)_20170219161449066.jpg

3(bac)_2017021916143363e.jpg
テリーヌ、いつも通り美味しい。ピクルスもがつんとすっぱくていつもの味!最高。


4(bac)_20170219161431fd0.jpg
骨まで食べられる鯖のコンフィ ソースピペラード


5(bac)_20170219161430b52.jpg
クネルも必食です。


6(bac).jpg
ソースはパンで拭いますとも。


7(bac).jpg


8(bac).jpg
アンドゥィエットとロースとも。
いつも美味しい豚料理を有難うございます~。


9(bac).jpg
'14 Marrenon Luberon Grand Marrenon Blanc
南ローヌ、リュベロンのワインをボトルで頂きました。リュベロンは日照時間が長いので葡萄がよく熟すのと、標高が高いので気温差により爽やかなテイストのワインに仕上がるそうです。
Grenache Blancに、Vermentino、Bourboulenc、Clairette、Roussanneと補助品種が沢山入っているワインでした。


ごちそうさまでした。
いつも美味しい「バッカス」さんです。


頂き物のチョコレートまとめ

valen.jpg
今年も我が家には沢山のチョコレートが届きました。
皆様、本当に有難うございます。グルメさんが選んでくれるものって、間違いなく美味しいもの、なんだな~。


1(choco)_20170219143059ed0.jpg
京都、「伊藤久右衛門」の“濃茶のしらべ”。まさに濃厚な抹茶の味わい!珈琲にも緑茶にもモッテコイなの。
毎年有難うございます~♪


5(choco)_201702191430538b1.jpg
「カカオサンパカ」
空けてみてびっくり。白かったww
ホワイトチョコレートベースですね。しかもマテ茶とアガベが入ってるんです。カロリーも通常の半分なんだとか。
美と健康を考えた新作ですって!!??


4(choco)_201702191430546c7.jpg
「エクチュア」の塩チョコレート(ビター)
びっくりするくらい塩でした(笑)結構攻めてます!
ちょっと食べて舐めて…お酒呼びます。これは酒飲みが選ぶチョコレートですなぁ~、Rちゃん、いひひ。
一瞬で大好きになりました。


3(choco)_20170219143056781.jpg
「パティスリーフカヤ」
蓬莱泉の銘酒、空が入った生チョコやガトーショコラ。実は知らない人も多いのでは??
「パティスリーフカヤ」では、毎年日本酒を入れたショコラを編み出していらっしゃるんです。ここ数年頂いていますが、今年のは実に贅沢に作っていらっしゃいました。年々進化してますね!!


2(choco)_20170219143057950.jpg
「イタリアンチョコレート オリディランガ」
ヌガーの中にウエハースがさっくりと。冷やして食べても美味しいです。
何て言っても、黒トリュフの香りが凄すぎるーーーー。食べ終わってもしばらく、鼻をふがふがしちゃいます。
贅沢な味わいです。


皆様、有難うございました!
チョコ記事、終わりっ!!

ビーントゥーバーの世界/⑨チャカオ バイ ドモーリ

15(bean).jpg
バレンタインの数日後、コンビニ(ファミマ)に寄りましたら、売れ残ったチョコレート類が半額近くで販売していました。
毎年見慣れている光景かと思いましたら、違いました。
「チャカオ バイ ドモーリ」という、「ドモーリ」が日本向けに出しているお手頃ラインでした。まさか「ドモーリ」関連の商品が、コンビニで販売されているなんて思いもよらず、びっくりしました。

50gで600円。普段のラインは25gで800円以上なので、それから比べるとお安いですが、
さて、気になるのは、どの程度までレベルを下げているのか…。


そのコンビニでは、2種類だけ残ってた。
カカオ100%と、塩チョコレート。

まずカカオ100%の方。
こちらは普段のドモーリ、特にクリオロ100%やイル100%を食べたことのある人は、その違いを明らかに感じてしまうと思います。滑らかさ、香り、味わい、すべてが違い過ぎて…。偶然我が家にあったので食べ比べましたが、その歴然たる違いにビックリでした。クリオロって凄い、改めて感じることになりました。


塩チョコレート。こちらの方が断然良かった。
ミルクチョコレートの甘さの上に、しっかりゲランドの塩が効いていました。でも定価だとしたら、ちょっと購入は見合わせるかも(汗)

ビーントゥーバーの世界/⑧ドモーリ

13(bean).jpg
イタリアの有名ショコラティエ、「DOMORI」(ドモーリ)です。
サロンデュショコラでは、期間の途中からしか出店しないものだから…。会期中はまんまと2度足を運びました(笑)

迷いに迷って、今回はこんだけ!

クリオロの80%
これまでは100%しか販売されていませんでしたが、今回80%と90%が新発売。そのうち、まよって80%を選びました。
勿論苦みはあるんだけど、酸がそこにそっと寄り添うイメージ。深~く長~い余韻が素晴らしかった。


カノアーボ70%
今年のカノアーボは良いできらしい…。私のショコラが詳しいお友達情報によって、買ってみたらやはりすごかった。
鼻から抜けるナッツのような芳ばしさ。トロピカルフルーツのような酸味が心地よく、余韻も長い。そんな中、滑らかなクリーミーさを感じられる点も素晴らしかったです。


シープミルク45%
その名の通り、羊のミルクを使ったチョコレート。もわっと鼻を抜ける独特な香りが印象的。甘味と香りが包み込まれるよう。


グランカカオ
カカオニブ(カシャーヤというローステッドカカオ)に、62%のチョコレートをかけたものです。コーティングはやや多めで甘味もちゃんとあります。ぽりぽり…お酒のおつまみに食べすぎる危険あり、です。

ビーントゥーバーの世界/⑦ミニマル

10(bean).jpg
「Minimal」(ミニマル)
東京の代々木にあるビーントゥーバー専門店、「ミニマル」です。
シンプルなパッケージ。丸いロゴが珈琲豆を、四角いロゴが板チョコを表しています。かっこいいですね♪
こちらも有名なお店で、この前シェフがテレビにも出ていました。


今回買ったのは、「FRUITY BERRY-LIKE」。カカオはベトナム産です。
世界最高峰の国際品評会「インターナショナルチョコレートアワード2016」で、最高賞の金賞を受賞した一品。


口に入れた瞬間、広がる柑橘系やカシスのような爽やかな果実の香りとジューシーさは流石です。
カカオニブのつぶつぶ感を残してあるので、かりかりとした食感が美味しい。
カカオは68%で浅煎り、軽やかです。
浅煎りの珈琲やチャーミングなワインと一緒に楽しんでみたい


東京の実店舗では、ワークショップなどを頻繁にやっていらっしゃる様子。
東京はええなー。



ビーントゥーバーの世界/⑥パレ ド オール

5(bean).jpg

「パレ ド オール」
清里にあるビーントゥーバー工房です。三枝氏による工房が、2014年にOPENさせたその時点で、日本初の工房だったようです。

今回私がまず購入したのは、「トリニダード」。
アニスや八角を思わせるスパイシーな香りと、古木や香木のようなウッディーな風味が特徴の板チョコ。


14(bean).jpg
それからこちら。
バレンタインが終了した後に寄ったコンビニで、約半額でゲット。
「カカオ豆」そのものです。コンビニでカカオが買える時代になったんですね~。

皮をむいてまずはそのままガリッ!!香ばしく苦みを楽しみます。そのあとは同封されていた砂糖と一緒に食べると、チョコレート味に変化しました。楽しいです。
後少し残っているので、蜂蜜?ヨーグルト?キャラメリゼ?別の楽しみ方を模索してみたいと思います。

ビーントゥーバーの世界/⑤エミリーズチョコレート奥沢

6(bean).jpg

「エミリーズチョコレート奥沢」
東京の工房にあるビーントゥーバー専門店。実店舗は持たず、通販やイベントでの販売をメインにしていらっしゃいます。

今回は1種類、ペルー産のものを購入。
「ペルー ノランディーノ クリオロ75%」(認証オーガニックのクリオロ)

↓お店コメント↓
口溶けとともに柑橘系、特にマーマレードのような鮮やかな酸味が広がり、その奥でビオ系白ワインで感じる洋ナシのやわらかな味わい。アフターにかけては、ペッパーやシナモンの風味が広がる一枚。
まさに!紅茶なといただいても美味しいチョコレートです。


7(bean).jpg
テイスティングシートも同封されています。

ビーントゥーバーの世界/④ショコラトリー ボナ

12(bean).jpg

11(bean).jpg

「BONNAT」(ボナ)
1884年フランスのヴァイロンで創業して以来、ショコラ界の一線で活躍されているショコラトリー。
1984年には世界で初めて、シングルオリジンのカカオ豆からチョコレートを作ったことでも知られているそうです。

食べやすいハイチでも良いかな~と迷ったのですが、やはり今年は、まずは「セルヴァ・マヤ」。メキシコのチアパス州産のカカオを使用したチョコレートバーです。
食べた瞬間から、重量感のある深い味わいが口中に広がります。甘味もコクも広く感じて、アーシーな珈琲と一緒に味わいたくなるお味でした。

そしてもう一つは、希少豆「チュアオ」を使ったもの。こちらは上品で力強い味わいのショコラです。その希少さとも相まって、カカオのロマネコンティとも言われています。
香りや苦み、甘味などはともに控えめな印象で、クリーミーさで包まれているような不思議な味わい。ありそうでなさそうなチョコレートでした。


 | ホーム |  »

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター