FC2ブログ

美舌ブログ②~sakae発信~

東海エリアのグルメを中心に紹介 since january.1,2006 錦3でcafeをやっています

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

このブログは

「美舌ブログ~sakae発信~」の続編です。2016年4月以前の記事は、旧ブログをご覧ください。(右下リンクからとべます)

↑FC2で何位にランキングしているか分かります↑

レストラン・飲食店ランキング
にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ
にほんブログ村

プロフィール

sakae

Author:sakae
Instagram始めました☆
美舌とは、食いしん坊、楽しん坊という造語です。
自分の趣味嗜好を覚書として書いています。…書いているうちに飲食関係者になってました。昼から飲めるカフェをやっています♪

木山 '21.1月訪問 : 【京都】

1(kiyama)_20210314025452484.jpg
あなたのために書いてます、笑。
数か月ぶりに記事更新はこれに決めた。
今年1月にも行ったの、京都の「木山」さんw

しかし、久しぶりにブログの執筆、調子が出んです。。。


2(kiyama)_20210314025453d47.jpg
何せ、1月なもので。お雑煮が出ました。
白味噌のお雑煮が食べられて、嬉し~です。


3(kiyama)_2021031402545530a.jpg
「木山」名物、始まりました。


4(kiyama)_20210314025456f39.jpg
この日のお刺身は金目鯛でした。熊本の海苔と。


5(kiyama)_20210314025457098.jpg
日本酒くださーい。


6(kiyama)_202103140254599f7.jpg

7(kiyama)_20210314025500a90.jpg

8(kiyama)_202103140255023f3.jpg
削りたて、節の食べ比べ。鰹節の1年物、本枯れ、最後はマグロの節。
この後、大将がとってくれた出汁を頂きます。当然だけど、毎回味が全然異なります。
舌がリセットされる感じが気持ちいいんです。


10(kiyama)_202103140255035f9.jpg
和食で一番楽しみな時間が来ました。堀川牛蒡の向こう側はどんな景色ですか。


11(kiyama)_20210314025506020.jpg
焼きものは、マナガツオ。
かぶらのすり流しにセリが混ぜてありました。香りが憎いよね。


12(kiyama)_20210314025507522.jpg
梅で炊いたヤリイカ。三宝柑の酸味が、この時頂いていた日本酒によく合うよね、なんていう会話を隣人としたっけ。


14(kiyama)_202103140255103dd.jpg
くもこのフライには、自家製のウスターソース。
私の周りには、ウスターソースを自分で作る人がやけにいる、苦笑。
いつか私も作ってみたい。


15(kiyama)_20210314025511b17.jpg
蛤、白菜、下仁田葱。


16(kiyama)_2021031402551273c.jpg
〆の炭水化物が何種類もある「木山」さんですが、この日は3種類選びました。
穴子の玉締め丼と海苔ラーメン。


17(kiyama)_20210314025514aaa.jpg


18(kiyama)_20210314025515190.jpg
そして鯛胡麻丼。
サイズ、ご飯の量などは選べます。ミニサイズでお願いしまーす。


19(kiyama)_202103140255176b3.jpg
和歌山の苺、まり姫という品種のジュース。


20(kiyama).jpg
むかごの大福


21(kiyama).jpg
お抹茶を頂きまして、
ごちそうさまでした。今日も満足ランチでした。


22(kiyama).jpg
この日は、2次会にナチュールワインのバーへ行き、帰路につきました。


ではまた、気が向いたらパソコンに向かいます。
スポンサーサイト



木山 '20.9月訪問 : 【京都】

1(kiyama)_20201027000319a35.jpg
定期的に伺っております。
京都「木山」さんです。9月の下旬頃訪問しました。


2(kiyama)_202010270003180ec.jpg
まずはこのお皿から。
焼き茄子、カマス、新物のいくら。


3(kiyama)_202010270003169a5.jpg
無花果の天ぷらと、帆立の天ぷら。丸芋と白玉粉の生地だったので、触感もっちり。
炒りたての胡麻がたっぷりで、香りが良すぎです。濃厚なゴマダレも掛かっており、食べ応えあり。


4(kiyama)_20201027000543d18.jpg
鰆は皮目に炭があてられて香ばしく、鼻まで美味い。
上から更に香味のもの、玉ねぎ、茗荷、にらの花などが掛けられていました。


5(kiyama)_2020102700022226d.jpg
いつものお出汁タイム。
目の前で鰹節をシュッシュッ…と。
1年物、本枯れ、鮪節、3種類を食べ比べた後、取り立てのお出汁をごくり。毎度全然味が異なります。
胃袋が、頭がリセットされる味わい。


6(kiyama)_2020102700022282f.jpg
7(kiyama)_202010270002222a5.jpg
先のお出汁で作ったお椀。
冬瓜、紅葉鯛、そして舞茸。紅葉の季節が一番の旬、それが紅葉鯛と。なんとも風流な魚です。
そこまで脂がのった、という様子ではありませんでしたが、むしろそれがこのお椀の味わいとはマッチしていました。
ややもすると、香りが強すぎて全部舞茸味!になりそうだけど、舞茸の存在もいい塩梅でした。


8(kiyama)_20201027000222802.jpg
マナガツオは幽庵焼きで。
大徳寺納豆が絶妙なアクセントで、美味しかった~。
手前は水茄子、昆布締めになっていました。


9(kiyama)_20201027000222676.jpg
北海道の北寄貝と椎茸の焼き浸し。黄身あんが掛かっていました。
上には、枝豆がぱらり。この枝豆、普通のじゃないの。肴豆といって新潟長岡のレアなもの。


10(kiyama)_202010270002238d4.jpg
鱧しゃぶ。
大将の鱧の骨切り、必見です。


11(kiyama)_20201027000225bc9.jpg
この日は控えめに〆は3つ(笑)さんまの卵とじご飯。


12(kiyama)_20201027000226586.jpg
鰤のヅケ丼


13(kiyama)_20201027000228199.jpg
鱧しゃぶで使った出汁を使ったラーメン


14(kiyama)_2020102700022974a.jpg
ラフランスのジュース


15(kiyama)_202010270002305ce.jpg
ほろほろっと崩れる干菓子は生姜を感じ、


16(kiyama)_20201027000232f36.jpg
薄茶で、ごちそうさま!!


お腹いっぱい。
次回も楽しみ。

木山 '19.6月訪問

1(kiyama)_201908261842338d0.jpg
前回伺って気に入った和食屋さん。
京都の「木山」さんです。これは6月に伺った分…苦笑。


まずは、涼やかなお皿からスタート。
加茂茄子に新蓮根をすったもの。上には、小樽の塩水雲丹が乗っています。茄子の美味しさが際立ちます。


2(kiyama)_20190826184230a43.jpg
スタート時から、サクサク…シャッシャッと削られていた鰹節など。お出汁を頂きます。
前回はもっと繊細な味わいでしたが、今回のはとても濃厚なお味。個体差なのかしらね~??


3(kiyama)_20190826184229327.jpg
お椀は鱧!大将の鱧きりが美しかった。鱧という食材は、美味しいものとそうでないものの差が激しいですね~。
常連でもある知人曰く、「木山」の鱧が格別美味しい、とのことでした。


4(kiyama)_201908261842270c0.jpg
日本酒をいただきます。


5(kiyama)_20190826184226a69.jpg
琵琶鱒といさき。おかひじきと。とろみをつけた出汁醤油との相性がいい。


6(kiyama)_2019082618422559a.jpg
鮎の塩焼き!このサイズがいい。


7(kiyama)_201908261842231ea.jpg
追加でオーダーしました鱧の湯引き。


8(kiyama)_20190826184221b74.jpg
お次は、平井牛。たーっぷりの胡麻と。


9(kiyama)_20190826184221a2a.jpg
天婦羅。
おいしーく炊かれた蛸と大和当帰。


10(kiyama)_20190826184218a27.jpg
貝寄せ。鳥貝、ミル貝、ホタテ、サザエなど。


12(kiyama)_20190826184216aea.jpg
出ましたー!!「木山」名物(笑)、〆ご飯3連ちゃん。



11(kiyama)_20190826184217afc.jpg
玉締めは鰻で。


13(kiyama)_20190826184214ec2.jpg
鰹丼。


14(kiyama)_20190826184213a30.jpg
すっぽん雑炊。


15(kiyama).jpg
じゃこご飯も食べたらしい…。


16(kiyama)_20190826184209340.jpg
スイカと和三盆のゼリー。


17(kiyama)_2019082618420936c.jpg
美味しく炊かれた餡子と白玉。
めっちゃ美味しかったけど、本当お腹がいっぱい。


18(kiyama)_20190826184207d89.jpg
お抹茶ですっきり!


ごちそうさまでした。
今回も大満足でした。

この日は、ケーキ屋さん「アグレアーブル」、パンやさん「しろはとベーカリー」「フリップアップ」などに寄って帰りました。
お店を始めてからなかなか外食できなくなりましたが、たまの贅沢が極上の満足感をくれますね。
次は10月、楽しみです。



やま岸 '19.4月訪問

1(yamagisi).jpg
4月のことになりますが、京都の「やま岸」へ行ってきました。
噂には聞いていたお店の一つですが、初訪問する機会に恵まれました。


2(yamagisi).jpg
季節は春。筍シーズンでした。
にょきにょき。


3(yamagisi).jpg
筍の器です。


4(yamagisi).jpg
どんな形で食べさせていただけるのかな~??わくわく。
まず最初は、飯蒸しから。鯛のお出汁で炊いたもの。難しい程に繊細なお味のなか、木の芽がいいアクセント。


5(yamagisi).jpg
梅穴子と出していただいたお皿。梅が心地よい酸味で、柔らかく炊いてありました。うるいがまかれて、ばちこが添えられていました。穴子をこんな調理法で頂いたのは初めて。


6(yamagisi).jpg
シンプルに焼いたもの。


7(yamagisi).jpg
こちらはお醤油を塗って焼いたもの。さて、どちらがお好み??


8(yamagisi).jpg
お椀は、蛤とゆば真薯。
想像と異なる味わいが新鮮でした。


9(yamagisi).jpg
お刺身は明石の鯛など。


10(yamagisi).jpg


11(yamagisi).jpg


12(yamagisi).jpg
カウンター目の前が、楽しいことに♪


13(yamagisi).jpg


14(yamagisi).jpg


15(yamagisi).jpg


16(yamagisi).jpg
この時期ですから、こしあぶら、こごみなどの山菜が楽しめました。


17(yamagisi).jpg
牛肉も。定番ですね、花山椒と一緒に。今年は普段以上に貴重で高価だったとか。


18(yamagisi).jpg
雲丹~~~!!


19(yamagisi).jpg


20(yamagisi).jpg
どっちの雲丹にする?と酷な…w
雲丹ドッグ♪


21(yamagisi).jpg
桜鱒


22(yamagisi).jpg
ご飯のお供。明太子、なめたけ、おじゃこ。


23(yamagisi).jpg
炊き立て


24(yamagisi).jpg
鮪のヅケと沢庵


25(yamagisi).jpg
よくばり丼♪


26(yamagisi).jpg
甘味は桜餅。
ふぅ、余は満足じゃwww


「やま岸」さん、大将がお優しく居心地の良いお店でした。笑顔が素敵すぎる♪
ごちそうさまでした。




生きている珈琲 : 【京都】

1(ikiteiru).jpg
皆様と別れた後、買い物に出かけその後、こちらへ。歩き疲れましたぁ。
1日1杯は珈琲飲まないと、落ち着かない~~。


「生きている珈琲」という変わった店名のお店。
便利な立地にあるのでご存知の方も多いはず。
私は初訪問でした。


シックな店内で、通されたのが通路に作ったソファ席。
落ち着くような、落ち着かないような妙な感じ(苦笑)


場所柄か、全体的に高めの金額設定。ブレンドが700円位。
私は、ブルマン(1,000円)とチーズケーキを選びました。



2(ikiteiru).jpg
うん、とても馴染みのあるチーズケーキです。


ごちそうさまでした。
ゆっくりできました。さて、名古屋へ帰ります。4月にまた~。

 | ホーム |  »

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター