美舌ブログ②~sakae発信~

東海エリアのグルメを中心に紹介 since january.1,2006

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

酒飯烹成 '17.8月訪問

1(syuhan)_20170809012211191.jpg
岐阜の「酒飯烹成」へいつものメンバーで伺う定例会です。
今回は8月に入ってすぐに日程を調整しました。≪鮎≫の食べ比べ会です。なんて贅沢なこと!


2(syuhan)_20170809012223046.jpg
鮎寿司からスタートだなんて、なんてオシャレなんでしょう。さっくり揚げられた頭や背骨が添えられているところも憎い。ビールスタートする私たちにぴったり。


3(syuhan)_201708090122253dc.jpg
イクラの下はご飯?と思いきや毛蟹。毛蟹特有の甘みに、こちらのお店っぽいw漬けの感じがよく合います。


4(syuhan)_2017080901222607b.jpg
お椀はすっぽんでした。とはいえお出汁ですが。
鮑と冬瓜、葱が入っていました。蟹の後にスッポンという流れも素敵だなって思います。


5(syuhan)_20170809012228d42.jpg
この日は、お店の日本酒もいただけて良かったですね♪


7(syuhan)_20170809012231caf.jpg
6(syuhan)_20170809012230511.jpg
赤雲丹の優しいこと。お醤油に海苔が入っていてコクがありました。海苔をちょこっとだけ載せて食べるのが好きでした。


8(syuhan)_201708090122321a8.jpg
さて、本日のメインが登場。まずは吉田川の鮎から。
こちらの鮎は、身がほっこりふっくら。内臓部分は砂が多く、なかなか野趣的なお味でした。


9(syuhan)_20170809012234968.jpg
鮎の煮浸し。甘露煮みたいにこってりじゃないの。煮浸しというのがなるほど相応しく、優しく炊いてありました。私これ好きだな~。


10(syuhan)_20170809012213c39.jpg
さて2匹目。こちらは高原の鮎だって言ってたかな。こちらの方が身が柔らかくしっとり。骨と身の間に脂がしっかり乗っていました。
うーん、どちらが好きかな。身は1匹目、内臓は2匹目、かな(笑)


11(syuhan)_20170809012215440.jpg
いつもの蟹コロッケと、今回はシャトーブリアンもカツで。私が持参した純米酒と合わせて出してくれました。


12(syuhan)_20170809012216fc4.jpg
毛蟹の味噌部分。


13(syuhan)_20170809012217a35.jpg
鮪はいつもの通り、辛い大根と。この食べ方、やっぱり好き。


14(syuhan)_20170809012219b06.jpg
二の丑が近かったこともあって、鰻も。お腹がはちきれそうwww


15(syuhan)_201708090122206e3.jpg
無花果で終了。


16(syuhan)_20170809012222ec2.jpg
皆様お考えの日本酒、漫喫しました。
「恋をするたびに…」、シリーズ揃えて飲みたいぞー。やっぱり盛り上がりましたね(笑)


今回も大満足の食事会でした。
次に伺うのが楽しみでーす。ごちそうさまでした。メンバーの皆様、有難うございました。

スポンサーサイト

 | ホーム |  »